手技ではボクシングが最強なのか?詠春拳マスターでもこうなる!


映画「イップマン」で詠春拳が有名になりましたね。

「イップマン」シリーズは私も全て観ましたが、本当に面白いし興味を持ちました。

ブルース・リーの師匠の物語ということで、ブルース・リーファンもたくさん観たことと思います。

ジークンドーにも技術が加わっていますしね。

興味がわいたので、YouTubeなどで結構調べてみたらたくさん動画が載っていました。

技術指導から、「VSモノ」までたくさんありました。

興味深かったのは、「詠春拳 VS 詠春拳」でした。

いろんな技の攻防が見られるかと思いきや、双方パンチの連打しかしないという事が多いのも少し驚きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




手技最強はボクシングなのか?


VSモノ」で、対ボクシングも当然ありました。

この永遠のテーマである、「最強格闘技は何?」ですが、比べようが無いと言うのが私の意見です。

体格、経験値、技術力、年齢、素質など条件をぴったり揃えて出来ないからです。

ボクシングなどでみられる「体重別」でやるのが一番比較しやすいかもしれませんが、それでは「人対人」だと思います。

格闘技対格闘技」というなら、創設者同士が戦わないとわかりません。

しかも、武道武術を創設した人が、同じ時代に出会うなんてほとんど無かったのではないでしょうか?

もし、あるとしたら、戦国時代?とか宮本武蔵なんかの時代で、「負け=死」ということで世間には広がらなかったでしょうね。



そこへいくと、ボクシングの歴史は100年そこそこですが、格闘技としてし技術が確立しています。

ルールもわかりやすく、ハッキリしています。

自分の拳だけで、相手を倒す事に集約された技術ですから、詠春拳や空手、中国拳法でも足技がなければ負けてしまうでしょうね。

images (1)

まとめ


永遠のテーマである、「最強格闘技は何?」ですが、本当に比べられません。

ボクシングでさえも手技最強と思っていますが、それはルールの中だからです。

ブローブの形状、大きさは違えど、素手ではまた少し技術も変わってくるでしょう。

とは言え、やっぱりボクシングが強いでしょうね。

合気道や大東流をやってる人が、「合気を使えば分からない!」と言ったとしてもそれは見当違いです。

手技の技術ですから。
スポンサーリンク

詠春拳の練習も、技術は確率された理論に基づくしっかりとしたものだと思いますが、スパーリングになると、胸の前で手をグルグル回すパンチになってしまうのも勿体無いと思います。

要するに、普段の練習を生かせるほど稽古を積んでないのでしょう。

しかし、ほとんどがそんな感じの動画ばかりでした。

しかし、ボクシングに対抗するには、やはり足技をプラスしなければならないでしょう。

足技のある武術でしたら、それが普通なんですから。


私の見解は、強い武術を習うこともいいのですが、好きな武道武術を習った方が「楽しい」ということです。

語弊があってはいけませんが、どんな武道武術も痛いし、辛い修行です。

それを我慢できるのも、「好き」だからだと思うのです。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】イップ・マン 「序章」&「葉問」 Blu-rayツインパック【B…


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ルパン より:


    西洋系の詠春拳はボクシングと融合してますよ!
    中国詠春拳よりも実戦的です!
    それで良いと思います。
    グレーシー柔術も柔道の中山さんがブラジルに伝えてグレーシー一族が改良してできた武術でしょう?
    強いですよね?
    悪い!
    使えない部分は改良すれば良いのですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.