実践合気道とは?実戦向きなの?護身術なの?空手なの?

護身術と言えば、日本人ならまず「合気道」が出てくるのではないでしょうか?

学生時代から柔道・少林寺拳法とたしなんでいた私は、極真空手や芦原空手は気になっていましたが、「合気道」には興味がありませんでした。

しかし、養神館の初代館長・塩田剛三先生の動画をみて虜になってしまいました。

合気道ってこれほど凄いことなのか!」って驚いて塩田剛三先生の書籍を買いに走ったものでした。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】塩田剛三の世界 [ 塩田剛三 ]

その後に、大東流合気柔術を知り、佐川幸義先生を知り、本当に興味が出て、実際大東流合気柔術の道場にも通った経験もあります。

私の場合、未熟過ぎて長続きはしませんでしたが、「合気」が存在するかどうかは今でも興味深々です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




合気道のイメージ


大東流合気柔術は少しだけ経験しましたが、合気道は経験がありません。

違いについても、大東流から植芝盛平翁が合気道に発展させて広まった程度しか知りません。

images

技や動きについては、「相手の力を利用する」というイメージがあります。

実際そうだと思いますが、そうなると「組手」や「乱取り」は難しい稽古になるのではと思っていたところ、「合気道S.A.」はそれを見事に形にしましたね。

気が多い私は、そちらにも入門を考えたこともあります。

しかし、YOUTUBEなどの動画を観ると、手足の打撃を許している分「フルコンタクト空手」の方が良いのではと思ってしまったのも事実です。

実際は、その実践合気道ルールでスパーリングしてみないと良さは分かりませんけどね。

images (1)

実践合気道って?


試合のない合気道を上手くルールを作って試合形式にしたのは素晴らしいと思います。

多分稽古でも、「試合用」と「護身術用(技術)」と分けて稽古をしているんだと思います。

そこへいくと、極真系の道場は試合用の練習しかしないところがほとんどの様にも感じます。

武道である以上、ストリートでの実践(何でもあり)の稽古もしなければならないというのが私の持論です。

「合気道S.A.」のHPを観ると、「護身術では非常に有効である手足の打撃技を、積極的に取り入れている。」という特徴があります。

これは普通の合気道の道場では、ほとんど行われていないのではないでしょうか?
スポンサーリンク

名人佐川宗範も「合気拳法」と言われる打突の技術を集中して稽古されてた時期があるそうで、「打突でほとんどの勝敗は決まる」と言われていたそうです。

人間を倒すための術である以上、突き蹴りは外せない技術なのは素人でも理解出来ます。

掴まれた時に一番重要なのは、「当て身」であることは周知の通りですよね。

まず、当て身!それから技を掛けるのがほとんどですよね。

ただ、フルコンタクト合気道覇天会の「顔面ありルール」をみると、もはや大道塾空道の様になってます。

これはこれで面白そうです。



まとめ


試合形式の動画だけを観ると、グダグダの様に見えますが、実際手元では凄い攻防は繰り広げられているのでしょう。

試合になると、相手の力を利用するというよりは、力ずくでねじ伏せるという印象は拭いきれませんね。

また、顔面への攻撃が加わればもう、柔法・剛法関係なくなってしまっています。

少林寺拳法も参戦出来そうですよね。

行き着くところ、ルールの枠を広げると同じような技術のなってくるように思います。

また、空手だから柔道だから合気道だからという技術の違いはあれ、どんな場面でどんな状況でも対応できる技術は身に付けておきたいですよね。

実際は、場所や体重や持ってる武器など状況に左右されるものです。

人間である以上絶対はありませんが、武道をやるなら危機に関して最後まで抵抗する精神は鍛えておかなければいけませんね。

実践の合気道に興味がある方は、その門を叩いてみては如何でしょう!

「合気道S.A.」
http://aikido-sa.com/index.html

「フルコンタクト合気道 覇天会」
http://www.hatenkai.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.