ベトナムの総合格闘技ボビナムがオリンピック種目になったらどうなる?

あなたは「ボビナム」って知ってますか?

恥かしながら、私は知りませんでした。

プロレスラーの富豪2夢路さえ知りませんでしたが、「月間フルコンタクト空手」に載っているのを見たことがありました。

その人がボビナムマスターフゴ氏だったんですね。

マスターフゴ氏は、日本人で初めてボビナムのマスターライセンスを取得した人物です。



ボビナムとは1938年フランス植民地時代に、ベトナム民族を「武術によって心身ともに励まし鍛える」事を目的とし、グェン・ロック氏により設立されました。

加盟国はアジア各国は言うに及ばず、中東、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカと世界中に広がっています。

その特徴は、突き・蹴り・手刀打ち・投げ・関節技とまさにベトナム版総合格闘技です。

中国拳法やレスリング、ムエタイなどのいろんな格闘技がベトナム人により、研究開発された武術です。

試合もあり、空手のように、型と防具をつけてのポイント制の打撃戦があります。

演武をみると本当に、アクロバティックですね。

しかし、残念ながらまだ日本では、超マイナースポーツです。

日本ボビナム協会

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ひょんなことから


日本人で唯一のボビナムマスター資格を持つ、マスターフゴ氏と知り合う機会がありました。

58

失礼な事に、あまりプロレスに興味がない私は、「富豪2夢路」という名前さえ知りませんでした。

お顔をみてすぐに分かりましたが、「ボビナムの人だ!」ぐらいでした。

見た目とは違い、彼はほんとうに気さくで、話しやすく大人しいそうな人でしたね。

関節技についても、詳しく教えてくれました。

スポンサーリンク

先日も何かのテレビ番組で、ボビナムが紹介されてたのに出てました。

その時の演武もアクロバティックでしたね。

images

もしかしたら


先程も書いたように、まだまだ認知度が高いとは言えないボビナムですが、世界大会も開かれていて、世界中から選手が参加しているそうです。

もちろん、日本からも選手が参加していますが、残念ながら選手としては1人だけしか育ってないそうです。

ということは、5年後の東京オリンピックで、もしボビナムが正式種目になるような事があれば、今から練習したらオリンピックでボビナムの日本代表選手になれるかもしれません!

本当にもしそうなったら、格闘技界は大激震になると思います。

何事も、可能性はゼロではありませんからね。



まとめ


まだまだやってる人の数が少ないボビナムですが、これから始める「変わった趣味」には持って来いではないでしょうか!

また、インストラクターも少ないそうですので、インストラクターになって道場を開くという可能性も高いと思います。

それにはしっかりとした訓練と技術をマスターしなければいけないとは思いますが・・・

芸能人も「変わった特技」としてはこれ以上ないと思います。

驚いたのは、タレントの釈由美子が古武道の十二騎神道流二段を持ってるとか、時代劇に役立ちそうですよね。

また、代表がプロレスラーということで、インストラクターにもプロレスラーがいるし、プロレスファンにはたまらないんではないでしょうか!

もし、気になる方は門を叩いてみては如何でしょう?

会費(月謝)も手頃だし、丁寧に指導してくれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.